根来 澪子のページ up date 1/1
             
影法師
影法師の部屋へようこそ
根来 澪子のつぶやき

 「小説は根も葉もある作り話」だというけれどエッセイはどうだろう。
周囲の出来事を尤もらしくありのままに書いたようでいて、これが私だとはとても言えない。
虚構と真実は縄のように入り混じり、一体となり解くことが出来ないのである。私のエッセイは小さな塊が膨らんでいって虚空ではじけ、地上に落ちた残骸が影法師のように蹲っている類のものである。




人生は歩きまわる影法師、あわれな役者だ出場の時だけ舞台の上で見えをきったりわめいたり、そしてあとは消えてなくなる
ウイリアム・シェクスピア「マクベス」より




             
☆ 寸猫 ☆                             喫茶店にて  後ろ姿  一度、ただ一度     「グレイ」は何処に  猫のいるレストラン  過ぎていく人々   挑戦  青春を取り戻すには



               
☆ 来し方 ☆                              私の「アメリカ」  孫たちとの六週間   娘との再会     最後の晩餐  命をいただく  雨の日に思う   マージャンあれこれ  熊野灘



☆ 雑感 ☆                              歴史は人間によって作られる  新しい妖怪がやってきた   忘れられない日
                                                   ☆ 読書感想 ☆                                               寂聴つれづれ  吉村昭『星への旅』


                
☆ 創作 ☆                              レクイエム」  薔薇に溺れる   不在     秋の墓参  冬の薔薇  ナラタージュ   リベル・タンゴ
                          
☆ 影法師 ☆
☆ 終わりに ☆

影法師へのメッセージはこちらまで


 
トップペ−ジ バックナンバ− ご案内

inserted by FC2 system